格安70350円
 

合同会社のメリットは登録免許税も株式会社の半分以下、公証人による定款認証が不要ということもあり、気軽にスピーディーに設立できることです。社長1名のみという合同会社も設立でき、ベンチャー企業や起業家の皆様にとってのメリットは計り知れません。

登録免許税が株式会社の半分以下(6万円)にも関わらず、登記書類の作成や電子定款の費用が高くては本末転倒となってしまいます。会社設立の専門家に依頼すると高いところでは15万円以上の費用をとるところもあります。

そこで、合同会社ひとりででるもんでは、設立時の費用を格安に設定し、しかもインターネット上で登記に必要な事項を入力するだけで、電子定款作成(提携行政書士)・登記書類の印刷までをWEBシステムが行うため、費用・時間の節約ができるというメリットがあります。

FXを合同会社で運用する

2010年8月より個人投資家によるレバレッジの50倍規制が始まりました。
そこで、FXのレバレッジ規制後の抜け道とは、「法人口座」を開設することとなります。今回のレバ規制が対象とするのは個人のみ。つまり法人口座であれば、8月1日以前と変わらないハイ・レバレッジでのFX取引が可能なFX会社もあります。

FXの法人取引は合同会社でも可能なため、設立費用が安い合同会社での設立をお勧めいたします。

介護保険事業にはもってこい

合同会社は、これから介護保険事業を行う方にとって救世主的な存在です。その理由としましては、介護保険事業で起業される方は、介護保険事業の適用を受け保険の支給を受けるために仕方なく法人化する方がほとんどで、ご自分一人で設立する方が多く、株式会社にするメリットは余りありません。

合同会社は費用も安く、手軽に設立でき介護保険事業の適用を早く受けることができます。

インテリアオプション